忍者ブログ
別館
[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

6 Chair Challenge での、Anton Stephansのサイモンへの返し ~Anton の想い~

よっぴさん依頼分

The X Factor UK 2015
10月18日放送分の6 Chair Challengeにおいて
Over28カテゴリーでオーディションを受けたAnton Stephansの歌と
ジャッジからのコメントに対する受け答えが素晴らしい


Simon
You got a great voice, but here is my issue.
君は素晴らしい歌声を持っている。ただ、一つ問題があって
When you go crazy, it kind of distracts me a bit.
君がクレイジー(適切な日本語が思いつかないw)になるとき
それがちょっと鬱陶しく感じるんだ

Anton
I have spent my whole life, to trying to be a somebody else,
僕はこれまでずっと、誰かのようになろうとしていた
Try to be somebody else's puppet
誰かの人形になろうとしていた(コーラス要員としてバックで歌っていたっていう経歴から)
I Can't Be That
僕はそんな存在でい続けたくない
but i can work
だけど僕はやれる
and i can change
僕は変わることができる

and what you call crazy, I think its a passion.
それから、あなたがクレイジーだというものを、僕は情熱だと思う
What you call crazy, I think is determination
あなたがクレイジーだと呼ぶものを、僕は決意の表れだと思う
and wanting this
だけど、僕にはそのどちらもない
(wantingは直訳すると欠乏、欠落。これまでの人生で、情熱や決意が欠落していたということか)
(おそらく、コーラスとして与えられた仕事をただただこなすだけだったことに対して言ってるとかかな?)
(憶測でしかないので、この辺りは、Antonの経歴などを知れば)
(もう少しこの『言葉の重み』がしっかり伝わってくると思う)

I want this
だから、僕はそれが欲しいんだ
(上記の欠落している『モノ』に対して)

but I want you to believe in me.
(そんな僕だけど)僕のことを信じてほしい
(上記の欠落している『モノ』があるが、それであってもなお、信じてほしい)

Finally, finally I believe in me.
僕はようやく、本当にやっと、自分に自信が持てたんだ

You need to go 'Anton,
あなたはAntonを信じるべきだ
(ちょっとしっくりこない訳。僕を選んでくれっていう強い言葉)

this is your chair and I'm not going to give it to anyone else. You need to do that.
これはあなたのイス(チョイス・選択)だ
そして、僕はそのイス(僕の人生)を誰にも渡す気はない
あなたが決めなきゃいけないんだ

You need to do that,の力強い言葉を日本語に訳すのが難しい
決めるのはあなただ
ってしながらも、その選択の先はAntonで
僕を座らせろ! っていう強い意志があるんだけど


大体こんな感じです


訳に関して意見、修正がある方はぜひお願いします
加えてAntonが歌ったLuther Vandrossさんの『A House Is Not A Home』
この曲の歌詞が、Antonの言いたいことをそのまま伝えるかのようなないようになっているので
是非日本語訳を探してでも
彼が歌った想いを確認してみてほしい

Alice さんがMy Funny Valentineを歌ったときみたい
歌詞に書かれた物語に
自分の人生、自分のすべてを表現しているよう

Antonの『A House Is Not A Home』
聞けば聞くほどAntonのことが好きになる



↓以下、聞き取った台詞

Simon
You got a great voice, but here is my issue.
When you go crazy, it kind of distracts me a bit.

Anton
I have spent my whole life, to trying to be a somebody else, Try to be somebody else's puppet.
I can't be that, but i can work, and i can change.
And what you call crazy, I think its a passion. What you call crazy, I think is determination. and wanting this.
I want this.
but I want you to believe in me.
Finally, finally I believe in me.
You need to go 'Anton, this is your chair and I'm not going to give it to anyone else. You need to do that.
PR
コメントを投稿する

HN
タイトル
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
ありがとうございます!

時間がある時とお願いしたのに、忙しいはずなのに……

だけど、すっご〜く嬉しい(^○^)

ところどころしか、聞き取れず、アントンの人間性をかなり出している場面だから、全訳を知りたかった……

シーラさん本当にありがとうございます!

そして、新幹線の中で涙をそっと拭う私。

コーラスも、凄いシンガーのコーラスでしたよね。オデでシェロルが質問してた。
年齢を重ねると、現状に落ち着いて(満足して?妥協して?)しまう人が大半。しかも、backで歌っていて、表に出ようとしている人の決意が伝わりました。

シーラさんありがとう!
アントン、ありがとう!
Re: ありがとうございます!

> よっぴさん
危うくコメント流すところだった(;・ω・)

なに、このぐらい
ちょちょいのちょいです
歌った後のAntonの台詞は
Antonの魅力が詰まっていますからね
私としても、ぜひ知ってほしい一場面でもありましたので

Aliceさんの時と似たような感覚だわ
カレンダー

03 2020/04 05
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
カテゴリー

スポンサードリンク

最新コメント

[02/01 シーラ B]
[02/01 さと]
[01/23 シーラ B]
[01/23 さと]
[01/19 シーラ B]
最新トラックバック

プロフィール

HN:
シーラさん
性別:
非公開
バーコード

ブログ内検索

P R