忍者ブログ
別館
[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

BGT 2010 Week 13 Final

ついにきました
BGT決勝戦!


ということで今日も朝から記事を載せます
もはや日記でもなんでもねぇ



Twist and Pulse

めっちゃ面白いwww
面白いダンスとかほかに無いだろ


Paul Burling

まさかこうくるとは思わなんだ(;^ω^)
そしてLittle Britainネタ
イギリスの山ちゃんて感じwwww


Tina and Chandi

観客の反応が明らかに他のパフォーマンスと違うwwww



Tobias Mead

個人的には準決勝時のダンスのほうがよかったな


Spellbound

今回が彼らのパフォーマンスの中で一番すごかった
今までで一番見やすかったよ
前回とか、どれ見たらいいの?って感じになってたし





そして結果
Result

最後よかったもんな~


個人的にここはPaulに優勝して、ダンスや歌以外でも優勝できることを(ry
3位がKieranってのも驚き

ともあれ
今年も面白かった
最後のほうちょっと急ぎ足だったけど(私が)
観てて良かった

来年には日本でiTVが観れるようになってたらいいな(笑)
PR
コメントを投稿する

HN
タイトル
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
Thanks for reporting every time!

Finalは今年も熱戦でしたね~><b

今年のWinnerのパフォーマンス... 本音を言ってしまうと...
体操競技や中国雑技が発展しているアジア圏に属し
この種に似た興行(サルティンバンコ,コルテオ等)が頻繁に開催されている日本では
多分、ありえない結果だったかな~と...

ただ、Finalでの見せ方や狭いステージの使い方は、実に旨かった!
ベタだけど、頭上ダイブは素晴らしい演出!
自分がジャッジ達の立場だったとしたら、間違いなくグーススキンでしょう ^ ^

T&PやTobiasのパフォーマンスは
飽和ぎみのダンスカテゴリーに新風って感じですね
BGMのミキシングと振付がとってもクレバー!

T&Pは、このままのスタイルでダンサーとしてやっていけると思うし
Tobiasは、Diversityのアシュリーとはまた違ったコレオグラファーとして
充分な才能を持ってるのでは!?

Paulが勝つには、もっとワールドワイドなネタが必要なんだろうな~
BGTは、ある意味イギリスだけのものじゃなく、国家戦略的な要素があるから...
(明らかに London 2012 を見据えてる @。@)

Chandiは本当に犬ですか?
いくらルーティン化してるとは言え
へぼいダンサーより、ずっと頭にキレがある!

シンガー達は、皆、上手いと思うけど...
多分、強烈に印象付けるパンチが無かったんだろうね~
銭形のばっちゃん... 1コーラス遅れてたけど... 歌いきった...
ある意味凄いよ、ばっちゃん ^ω^;

ともあれ、楽しかった!
相変わらず本国視聴率は凄いな~
やっぱFinal も、これからフル動画で観ようと思います。

それでは、お疲れ様でした~( ^ω^)
You're welcome

WWW Talent さん
Yahoo UKではBGTの結果、Spellboundが優勝でいいの?って記事がありますが
http://uk.tv.yahoo.com/blog/article/421203/spelbound-win-britains-got-talent.html
どうもコメントしている人たちの大抵は満足しているみたいですね
「優勝した人もそのほかの人もすばらしかった」て感じのコメントが多いし、なによりX Factorよりかは批判されてないようです

ちなみに私はシンガー達はブログでピックアップしませんでした。上手いんですけどインパクトがなかったので(;^^)
一応一通り見たんですけど、観て楽しめるものを選んだので( ;^∀^)
この記事のトラックバックURL:
カレンダー

03 2020/04 05
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
カテゴリー

スポンサードリンク

最新コメント

[02/01 シーラ B]
[02/01 さと]
[01/23 シーラ B]
[01/23 さと]
[01/19 シーラ B]
最新トラックバック

プロフィール

HN:
シーラさん
性別:
非公開
バーコード

ブログ内検索

P R