忍者ブログ
別館
[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

Britain's Got Talent Live Semi-Final 3!

いま仕事から戻りました(;^ω^)

それではBGT 準決勝3枠目

今日もまとめ的に書かせてもらいます


オープニング~
Harmony
アイドル系(イギリスの)の女の子二人組み
BGT Semi-Final Part 1

Kay Oresanya
サックスフォーンを…、自分の声で出す…
BGT Semi-Final Part 2

Ben & Becky
兄妹で…姉弟かな?、で社交ダンス
BGT Semi-Final Part 3

Shaheen Jafargholi
12歳の男の子、歌に挑戦
BGT Semi-Final Part 4

The Barrow Boys
農家のおっさん三人衆による一輪車(でしたっけ?日本語で?)を自在に操ります

MD ShowGroup
暴力、犯罪に反対と訴えるダンスチーム(という風にしか日本語の乏しい私には説明できません)
BGT Semi-Final Part 5

Floral Highnotes
花とオペラの融合的なもの…、kind of...
BGT Semi-Final Part 6
激しく音ズレしてます

Stavros Flatley
ぽっちゃり系親子のダンスact
BGT Semi-Final Part 7

過去にBGTに参加したことがあって、最近売れている(らしい、Ant&Dec談)ゲストさん
BGT Semi-Final Part 8

結果発表
BGT Semi-Final Part 9


確かに今年はなんだか
歌、ダンス、歌、ダンスばっかりです
これだと若干(感じあってる?)番組のコンセプトが…

でもThe Barrow Boysは今回あんまり面白くなくて
ちょっと失望しました(disappointed を辞書で引いたらこれになった、ちょっと強すぎですね「失望」って)
歌系やダンス系部門はユニーク系と比べると比較的楽だと思うんです
ユニーク系は主軸となるactは同じですけど
たとえばThe Barrow Boysで言えば一輪車回しですね
観客が今まで見たことの無いactをしないと観客を惹きつけることが出来ないと思うんです
現に今回のThe Barrow Boysはサイモンが言うように前回とまったく同じアクションをしたので
見ていてあまり楽しく無かったです(前回と比べるとです、今回も面白かったですけどね)
あるいはもう一度自分のactを見たいと思わせるような魅力を見せるかですね

その点、歌系はJamie Pughのように選曲をミスらなければ
歌唱力そのもので勝負が出来ます
小細工があまりいらないわけです

ダンス系は中間だと思うので
やっぱり楽なほう

なんにせよ
サイモンの言っていることはかなり酷なことですが
言っていることは正しいと思います
サイモンに認められた人たちはだいたいオーディションのときより良くなってます

…、やたら長くなったなwww
PR
コメントを投稿する

HN
タイトル
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
カレンダー

02 2020/03 04
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
カテゴリー

スポンサードリンク

最新コメント

[02/01 シーラ B]
[02/01 さと]
[01/23 シーラ B]
[01/23 さと]
[01/19 シーラ B]
最新トラックバック

プロフィール

HN:
シーラさん
性別:
非公開
バーコード

ブログ内検索

P R