忍者ブログ
別館
[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

意味なく少佐に刀を持たせてみた

今日は司書講習の初日でした

場所は女子大なんですけどね( ´∀`)


何が嫌って


超肩身が狭い

胃に穴が空きそう(笑)




ということでストレスゲージが急激に上がって
今すごく眠いので

少佐に刀を持たせてみた

そこに直れ、下郎
 すらり、と少佐は刀を抜いた。
 白刃が月明かりを反射し、彼女の眼と同じような冷たい光を放った。
「そこに直れ、下郎……」
 ぞっとするほどに凛然とした声だった。
 その姿に私は背筋が凍りつくほどの恐怖を覚えると同時に、しかし刃のように美しい彼女に見入られた。そのため、自分が袈裟がけに切り捨てられ、血しぶきを自分で浴びても、絶命する寸前までその事に気がつかなかった。もっとも、凄艶極まる美を目の当たりに出来、未練はなかったが。


刀アップ
刀アップ
ちなみにヨッシーの手がきわどい位置にあるのは
ヨッシーを支えにしているからであり
あなたが考えているような事ではないので
ご安心召されよ

セブロの引き金に指がかかるような形になっているのに
刀を持たせるとちょっとかっこいい

……アングルが悪くて分かりにくいかもしれないですけど




余談
この少佐を買ったのは三・四年前ぐらいです
刀は去年

次はギターでも買って持たせようか

それともバイク(1/6)を買って乗せるか

バイクだと栄えるかも
PR
コメントを投稿する

HN
タイトル
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
この記事のトラックバックURL:
カレンダー

03 2020/04 05
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
カテゴリー

スポンサードリンク

最新コメント

[02/01 シーラ B]
[02/01 さと]
[01/23 シーラ B]
[01/23 さと]
[01/19 シーラ B]
最新トラックバック

プロフィール

HN:
シーラさん
性別:
非公開
バーコード

ブログ内検索

P R